英会話教室に通って実践に強い英語力を身に付けてみませんか?

英会話教室に通って実践に強い英語力を身に付けてみませんか?

冠詞は英会話の勉強に大切なのか?

指導を受ける生徒

冠詞とはthe、a、anの三語ですが、この使い分けで意味がまったく違ってきてしまうのです。aとanはあとに続く単語の頭の発音によって使い分けるだけなので、theという定冠詞とa、anという定冠詞と不定冠詞の二つに分けることができます。英語で会話するときにこの定冠詞と不定冠詞のどちらを使うべきか迷ってしまうと言葉がなかなか出てこないことが多いのです。なぜなら日本語にはこの冠詞という概念がないからです。
或いは英語には無冠詞という概念もあり、合計3種類の冠詞があることになります。テーブルの上にという日本語から英訳すると「onthetable」「onatable」「ontable」の3通りの言い方が考えられるのですが、通常は「onthetable」を使います。会話の中で使われる表現としては「onthetable」が多いのは、「climbonatable」というテーブルの上に登るという慣用表現があるからです。
どんなテーブルであってもテーブルの上に登るという行為自体に意味がフォーカスされて、登るのがどのテーブルなのかは問題になりません。したがって不定冠詞の「a」がつきます。このように考えるととても冠詞の使い分けは難しいのですが、初歩的段階では冠詞の有無、または定冠詞と不定冠詞の使い分けには神経質にならないほうが、言葉がスムースに出てきて英会話も上達します。

Choice Articles

アルファベットの積み木

海外旅行で会話を楽しめるようになるには英会話教室へ

ツアーで英語圏に旅行に行くと、同伴しているガイドや通訳が会話の大部分を代わりにこなしてくれる場合が多いです。そのため、レストランのオーダーやホテルフロントでの会話ですら、自分の英語力を試すチャンスがなかったと悔しい思いをしている人も多いでしょう。そんな方は、英語力に徹底的に磨きをかけて、個人旅行で海外へ出てみましょう。そうなると、今度は現地でのすべての…